• 2018年5月8日 / 

    仕事や私用で忙しくて、占いに関心があっても店舗に足を運ぶのが難しいこともあります。休日は疲労回復の時間に考えているならば外出したくはありません。実店舗で鑑定してもらうのは現実的ではありません。でも電話占いならば足を運ぶ必要はありません。今回は【電話占い基本的なシステム】についてご紹介します。

    基本的なシステム
    電話占いをしている店舗をインターネットで検索して見つけます。たくさんのサイトがありますから、クチコミ情報系サイトやランキングサイトで電話占いサイトを見つけてもいいでしょう。気に入った電話占いサイトが見つかれば、電話をします。好きな鑑定師を指名します。あらかじめ3人程度まで絞っておくといいです。その鑑定師が出勤しているかどうかはわからないこともあります。出勤スケジュールが分かっていても他のお客様と占いをしている場合もあります。すぐに占ってくれる保証はないです。

    もしも指名がなければオペレーターにフリーであることを伝えましょう。スタンバイ状態にある鑑定師を紹介してくれます。個人営業の占い師の場合は、直接繋がることもあります。

    電話占いの料金
    中には前払いのシステムのこともありますが、一般的には後払いシステムです。従量制になっており利用時間に応じて料金が増えるシステムです。支払いはクレジットカード払いや銀行振込になります。具体的な鑑定料はオフィシャル・ウェブサイトに掲載されています。不明な点があれば事前に確認してから利用するようにしてください。

    また、料金を比較しているサイトを利用するのもいいでしょう。例えば、このサイトは詳しく紹介されておりとても便利ですよ(url:https://xn--n8j9lqe362l0sar23x8lsa.net/

    いかがでしたでしょうか?
    電話占いの基本的なシステムについてご理解いただけたと思います。
    忙しくても電話占いならば、iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンやガラケーがあれば、いつでも利用できます。最近は24時間対応のところも増えています。

    結婚適齢期を逃さないために結婚線を占おう

    結婚をするタイミングは非常に難しいと思いませんか?
    若い時であれば、凄く好きな相手がいて恋人として付き合っていたとしても、結婚はまだ早いと思うでしょう。
    しかし、そのうちに小さな事がきっかけで別れてしまうかもしれません。
    ですがその時点では、その相手の事は真剣に好きだったけれど、運命の相手ではなかった。
    将来的にもっといい出会いがあるだろう、そんな気持ちで余裕があるわけです。

    でもそのうち気づくはずです。
    大人になるとそうそういい出会いなんてなく、恋人もいない状態で何年も過ぎてしまい、いい加減に結婚相手を見つけないとヤバいと。
    ですがそんな焦った状態で選んだ相手と、そうそう上手くいくとは思えません。
    結婚を真剣に考えて婚活をしても、自分の理想通りの人なんてそうそう出会う事なんて出来ません。

    結婚だからこそ、妥協をしたくないと思う気持ちもあるでしょう。
    ですがその高望みの条件が、どんどん結婚のチャンスを奪ってしまい、気付けばもう結婚相手を見つけられない。
    そんな状況に陥った後に、やっぱり若い頃に付き合った恋人と早い段階で結婚しておけばよかったなんて後悔をしても遅いのです。

    ですが恋愛のさなかは今後の恋愛がどうなるのかなんて全く予測がつきません。
    もっといい出会いがあるかもしれませんし、もうこの出会いこそが最後の出会いだったかもしれません。

    そんな時にその相手が自分の運命の相手なのか、そして何歳ぐらいで結婚するのか分かったいた方が、結婚適齢期を逃さずにすみますよね。
    特に女性は妊娠出産にタイムリミットがあるので、35歳を過ぎると結婚は難しいと言えます。
    男性の中にも30~40代で独身の男性で婚活している人はいます。
    しかし彼らの条件は20代の若い女性しかターゲットとして見ていないからです。

    結婚で失敗しないためには、手相占いの結婚線を占ってもらいましょう。
    そうする事で、誰が自分の運命の相手でいつ頃出会えるのか、そして何歳ぐらいで結婚し出産する事になるのか、未来予想図を描く事が出来ます。