• 2018年5月10日 / 

    手相で占ってもらう時に恋愛や結婚について相談する女性が後を絶ちません。
    それぐらい手相で恋愛や結婚を占うと当たったと感じる人が多いという事ですし、それだけ悩んでいる人も多いという事です。
    特に結婚出来るかどうかは、その後の人生に大きく影響してきますよね。

    結婚線が何本もある場合、これって結婚をして離婚をし、また再婚をするって事?
    自分は波乱万丈な人生を送るの?なんて間違った解釈をしてしまうかもしれません。
    結婚線が3本あるからといって、3回結婚するという意味ではありません。
    結婚出来るチャンスが3回訪れる、3人の男性からプロポーズされるという解釈の方が可能性として高いと言えます。

    つまり結婚するチャンスがたくさんあるという事なので、結婚相手を選ぶ事が出来る、結婚する時期を自分である程度選ぶ事が出来ると言えるでしょう。逆に1本しか結婚線がない場合は、初恋の人と結婚する事が出来るという意味になります。
    初恋は実らないなんて言葉がありますから、初恋の人と結婚出来るなんて、とても幸運な事だと言えるのではないでしょうか?

    そして手相は他の線と組み合わせてみる事でより総合的に占う事が出来、占いの精度が上がると言われています。
    結婚線の場合は生命線と一緒に見て下さい。
    そして結婚線と生命線が交わっているところが、2人が出会う時期、もしくは2人が結婚する時期だと考えられています。
    よくTV番組で芸能人が手相の占い師に占いをしてもらい、その結果で「あなたは3年以内に結婚をするでしょう。」なんて言われている光景を目にする事があるでしょう。

    これって本当に3年以内に結婚出来るの?と半信半疑かもしれません。
    ですが実は結婚線とは不動な線ではありません。
    手相そのものが動いたり、消えたり、出て来たりと常に変動し続けるものです。
    そのため占いをした時点では3年以内に結婚線が現れていたとしても、その3年間であなたは今は仕事が充実していて楽しいから結婚をする気は全くない。恋愛をする気もないと出会いに対して消極的な態度を貫けば、出会いがなく結婚相手に出会えなかったため、3年後には結婚線は消えている可能性があります。つまり占いの結果は絶対ではないために、結果を聞いて安心しすぎてはいけません。